head_poem
  
ノジノジテン その7
「回答」

訳の分からねぇことだらけで
見えない事だらけで
ないてなやんで
わめいて這って
最終的にはふて寝して終わるだけ

なにがただしくて間違いなのか
ぼくがわるくてあなたは真実で
くるしんで笑って
怒って叫んで
最終的には風呂入って眠るだけ

ただただ明日こそは今日より幸せであれ

他人のいない世界が
もしも何処かに有ったとして
他人という言葉を
どうやって説明しよう
愛してる、愛している、愛してる
I LOVE YOU
その思いも寄らない人たちの集まりさ

この星の為に残念ながらなにも出来やしない
結局人は人のためにしか生きられない
燃えて塵になって
風になって空に消えても
そこはこの星の空だから
僕らはズバリ星そのもの

空を羽ばたく鶯は空と梅の木を世界と歌うんだろう
海を泳ぐ物たちは海と沈没船を世界と歌うんだろう
僕の僕の世界はこの世界しか見えない
聞こえない感じられない
さわれない想像できないのか

ほしいのは答えさ
答え、答え、答え
ただ一つ答えてほしい
答え、答え、答え
本当に地球はガスの一瞬の集まりなら
神も、争いも、心も、僕も、猫も
いま何のために
存在し繰り返していく

空を羽ばたく鶯は空と梅の木を世界と歌うんだろう
海を泳ぐ物たちは海と沈没船を世界と歌うんだろう

僕の僕の世界はこの世界しか見えない
聞こえない感じられない
さわれない想像できないのか

ほしいのは答えさ
答え、答え、答え
ただ一つ答えてほしい
答え、答え、答え



Copyright