head_poem
  
ノジノジテン その35
『波動』

中心へ中心へ
見つめる眼差しは 瞬き一つせず
額から身体全体へと空を切り
身動き一つせず飛んでゆく


どこまでも、うねり、切り裂く風の音が続く
空間、トンネル

焦る想い、不安、欲望、苦しみ
喜び、悲しみ、愛
身体(しんたい)は
重なり合っていく


中心へ中心へ
まだ見えぬ一点を見つめ
魚のように掻くことなく空を切り裂いて
強い意志で飛んでゆく


足下に虚無が、額の先に未来が広がる
空間、トンネル

焦る想い、不安、欲望、苦しみ、
喜び、悲しみ、愛
身体は
光の速度の中で
いまやっと一つになる


これは終わりじゃなく始まりでもない
右の君、左の君、他が人も
いま一つになる
一つになる



Copyright