head_poem
  
ノジノジテン その22
『新種の蚊』

蚊に刺された
ぼりぼり掻いていると

今度は足を刺された

家の中なのに
音もしない

テレビを消して
明かりをありったけ点けて
思い切って生足をさらけ出す

さあこい
刺した所をしとめてやる

10秒ほど待つと
あしのくるぶしが
赤く盛り上がってきた

やられた
オレとしたことが気が付かなかったのか

悔しいがもうしばらく待つ
今度は太股が赤く腫れてきた

信じられない
この短時間に
二カ所も
気づかれずに

猛烈に痒い
でもここで動いてしまうと
敵はすかさず遠くへ逃げてしまうだろう

長期戦の装いを見せ始めた
今度は
右スネが3カ所も一度にやられている
チャンスだ
これはまだ近くに居るはずだ

そのときだった

僕は確かにみた
薄く飛ぶその標的


しとめようと身を乗り出した
次の瞬間に
敵は
パッと
消えたんだ

間違いない

消える蚊はいる
彼は
透明になれるんだ

僕には初めての経験
ものすごい発見だ

しかしこの発見にいたるまでに
8カ所刺されていることにも気が付いた
もう彼も腹いっぱいになっているだろう

それからしばらく待っていたが
やはりもう彼が姿を現すことも
吸い付くことももうなかった

ただただ
白い足に赤い大陸が
やるせなく
彼の存在を
数日間
証明し続ける
たとえ誰も信じなくても



Copyright