head_poem
  
ノジノジテン その16
『にわとり』

僕は足の速いにわとりなのに
君は僕をにわとりと思ってる
声も大きいにわとりなのに
君はにわとり達と思ってる
僕がもしも飛べたなら
とうもろこしが好きで、足が速く、しゃがれた声で鳴き
交尾をし、死んでいく
にわとりだって
気づいてくれるかな



Copyright