head_poem
  
ノジノジテン その12
『子供のいない公園』

子供のいない公園
折れた吸い殻を蟻が運んでる
君はまだ逆立ちすれば地球が持てると信じているの?
待っていても時計の針は同じ場所をなぞるだけ
人の欲望とエゴはとうとうDNAに組み込まれ
やがて秒針を追い越すなら
ぼくはこの現実からサヨナラしよう

朝より先に目覚め
あぜ道を走り
カエルと歌った
心の地底へ


子供のいない学校
乾いた水槽に金魚が跳ねている
愛と真実は何色か問いかけても誰も振り向きはしない
溢れる時間だけが僕を急かし続けている
自己と自由を引き換えに血と涙をすすって自壊する
生きているただそれだけで罪ならば
ぼくはこの現実からサヨナラしよう

雨が叩きつけ
森を駆け抜け
虹にと歌った
心の地底へ

草に寝転がり
流れ星を数え
虫と歌った
心の地底へ

地層の無い地底へ



Copyright