head_poem
  
ノジノジテン その1
「しっていること」

僕は家の前に咲いている綺麗な花をしっている。
夕立のあとの虹も、心地よい風もしっている。
山女の泳ぐ冷たい川もしっている。
海に落ちる真っ赤な夕日もしっている。

明日生まれる子猫もしっている。
真っ白な雪にはしゃぐウサギも、
見たことはないけどしっている。
買ったばかりの帽子もしっている
庭に埋めたおもちゃも、
もうどこにあるかわからないけどしっている

コーンスープの匂いもしっている。
おばあちゃんの作るクリームコロッケもしっている。
抱きしめてくれた暖かい手もしっている。
雨で入れてくれた傘もその人もしっている。

大切な人の笑顔もしっている。

全部あなたにあげたい。
僕のしっている全てをあげたい。
もう少し早くあげられたら、
そのままのあの子と地球の裏側で歌えたのに。



Copyright